[馬券が的中しない方へ] 中山記念(G2)と阪急杯(G3)の当たる無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

【皐月賞2023予想】〝騎手+血統〟に注目!本命で買いたい3頭はこちら!

皐月賞2023予想

皐月賞2023予想の最終買い目を更新しました!

皐月賞2023のおすすめの有力馬3頭、穴馬2頭を紹介しています。
過去10年のデータと傾向、コースの特徴や競走馬の血統、追い切りから予想していきます!

目次(読みたい項目をタップ)

皐月賞2023の概要

皐月賞は中山競馬場の芝2,000mで開催される中距離レースです。

クラシックの初戦に指定されている皐月賞は、デビューしたほとんどの馬が目標にする舞台です。

前週に開催される桜花賞と違って皐月賞は起伏に富んだ中山の芝2,000mが舞台なので、中距離適性がない馬にとっては苦しい舞台です。

ここの結果次第で日本ダービーに向かう馬もいれば、NHKマイルカップに向かう馬もいますし、思い切って短距離路線やダートに進路変更する馬も少なくありません。

皐月賞はクラシック初戦ながらも多くの馬の今後を左右する大事な一戦なのです。

ちなみに、年によってすでに注目を集めている馬もいれば、誰が来るのか一切つかめない年もありますが、今年はどちらかというと後者の傾向が強いです。

なぜなら、2歳G1馬であるドルチェモアとドゥラエレーデが揃って不在だからです。

幸いにも3歳重賞を制した馬が多数そろいましたが、それでも抜けた馬が不在でアルアインやエポカドーロが制した年のように難解だと思います。

今年の皐月賞は誰が来るのかつかみづらいですが、過去データを分析したうえで激走の可能性を秘めた馬をピックアップします。

皐月賞2023の開催内容

開催日4月16日(日曜) 15:40発走
格付けG1
開催競馬場中山競馬場 中山11R
コース芝2,000m
性齢3歳
斤量定量
1着賞金2億円

皐月賞2023が開催される中山の芝2,000mの特徴

中山競馬場 芝2000mのコースで特徴を解説
スタート地点4コーナーの出口付近
コース内回りの右回りコース
1周の距離Aコース=1,667m
Bコース=1,686m
Cコース=1,705m
直線距離310m
高低差5,3m
フルゲート18頭

皐月賞が開催される中山の芝2,000mはスタンド側の4コーナーポケットからスタートします。

スタートするといきなり高低差2.2mの急こう配が立ちふさがります。そして、勾配を駆け上がってからも2コーナーの途中まで上り坂を駆け上がるので前半のペースはゆったりする傾向が多いです。

2コーナーの途中から向こう正面にかけては下り坂になっています。その先、3コーナーから4コーナー、そして最後の直線の入りまでは平たんな道のりとなっています。

しかしながら、スタンド側の直線には最初に駆け上がった急こう配を再び駆け上らなくてはなりません。結果的にはスタンド前の急坂を2度も駆け上がるコースとなっているのです。

急坂を上りきった先にゴールがありますよ。

中山の芝2,000mは高低差が5.3mもあるコースでJRAの平場のコースでもっとも起伏に富んだコースとなっています。

また、最後のコーナーから直線にかけては310mほどしかないので差しや追い込み馬はコーナーの時点で動き出さないと届きません。

勾配を駆け上がるためのスタミナやパワー、そしてコーナリングの器用さなどが求められるのです。

中山の芝2,000mはここをチェック!

  • 皐月賞やホープフルステークスが開催される舞台
  • 向こう正面は内回りコースを使用
  • タフなコースでスタミナが求められる
  • コーナーがタイトで器用さも求められる
  • まくりも決まりやすい

皐月賞2023の出走馬

馬番馬名性齢斤量騎手
1ソールオリエンス牡357.0横山武史
2ワンダイレクト牡357.0藤岡佑介
3グリューネグリーン牡357.0石川裕紀人
4ショウナンバシット牡357.0M.デムーロ
5フリームファクシ牡357.0D.レーン
6ウインオーディン牡357.0三浦皇成
7ファントムシーフ牡357.0C.ルメール
8トップナイフ牡357.0横山典弘
9ホウオウビスケッツ牡357.0横山和生
10ラスハンメル牡357.0石橋脩
11シャザーン牡357.0岩田望来
12ダノンタッチダウン牡357.0川田将雅
13グラニット牡357.0嶋田純次
14タスティエーラ牡357.0松山弘平
15ベラジオオペラ牡357.0田辺裕信
16タッチウッド牡357.0武豊
17メタルスピード牡357.0津村明秀
18マイネルラウレア牡357.0戸崎圭太

皐月賞の過去10年のデータと傾向


馬場
着順馬番馬名人気前走前走着順
2022114ジオグリフ5共同通信杯(G3)2
218イクイノックス3東スポ杯2歳S(G2)1
 312ドウデュース1弥生賞(G2)2
202117エフフォーリア2共同通信杯(G3)1
213タイトルホルダー8弥生賞(G2)1
 33ステラヴェローチェ6共同通信杯(G3)5
202011コントレイル1ホープフルS(G1)1
稍重27サリオス3ホープフルS(G1)1
 316ガロアクリーク8スプリングS(G2)1
2019112サートゥルナーリア1ホープフルS(G1)1
27ヴェロックス4若葉S(L)1
 34ダノンキングリー3共同通信杯(G3)1
201817エポカドーロ7スプリングS(G2)2
214サンリヴァル9弥生賞(G2)4
 310ジェネラーレウーノ8京成杯(G3)1
2017111アルアイン9毎日杯(G3)1
27ペルシアンナイト4アーリントンC(G3)1
 310ダンビュライト12弥生賞(G2)3
2016118ディーマジェスティ8共同通信杯(G3)1
23マカヒキ3弥生賞(G2)1
 311サトノダイヤモンド1きさらぎ賞(G3)1
201512ドゥラメンテ3共同通信杯(G3)2
25リアルスティール2スプリングS(G2)2
 37キタサンブラック4スプリングS(G2)1
201412イスラボニータ2共同通信杯(G3)1
217トゥザワールド1弥生賞(G2)1
 318ウインフルブルーム8若葉S(OP)2
201317ロゴタイプ1スプリングS(G2)1
214エピファネイア2弥生賞(G2)4
 312コディーノ3弥生賞(G2)3

【前走重賞実績】前走が重賞で連対した馬が強い

過去10年の皐月賞で馬券に絡んだ23頭が前走重賞でなおかつ2着以内に入選していました。

また、勝ち馬はいずれもこのデータに該当しています。

勝ち馬を探す際は前走が重賞、それに加えて連対しているかどうか確認するのもよいでしょう。

今年の出走馬で前走が重賞競走で連対していた馬は9頭いました。

ソールオリエンス
(京成杯1着)

タスティエーラ
(弥生賞ディープインパクト記念1着)

タッチウッド
(共同通信杯2着)

ダノンタッチダウン
(朝日杯FS2着)

トップナイフ
(弥生賞ディープインパクト記念2着)

ファントムシーフ
(共同通信杯1着)

フリームファクシ
(きさらぎ賞1着)

ベラジオオペラ
(スプリングステークス1着)

ホウオウビスケッツ
(スプリングステークス2着)

【騎手】クラシック勝利経験のある騎手に注目したい

年度勝利騎手過去のクラシック勝利経験
2022福永祐一オークス04.05など
2021横山武史なし
2020福永祐一オークス04.05など
2019C.ルメール菊花賞16など
2018戸崎圭太なし
2017松山弘平なし
2016蛯名正義オークス99,2010など
2015M.デムーロ皐月賞04.05
2014蛯名正義オークス99,2010など
2013M.デムーロ皐月賞04.05

過去10年の皐月賞の勝利騎手のうちの7名が過去になんらかのクラシックG1を手にしていました。

クラシックG1は皐月賞・桜花賞・ダービー・オークス・菊花賞の5レースを指します。

皐月賞はG1レースの中でも伝統と格式のあるクラシックレースなので過去の実績が大きく反映されやすく、騎手の経験値も重要です。

なお、過去10年で松山弘平騎手と横山武史騎手はクラシック勝利どころかこれまで中央G1勝利もありませんでした。

今年の出走馬に騎乗する騎手でクラシックG1勝利経験があった騎手は9人います。

ショウナンバシット
(M.デムーロ騎手)

ソールオリエンス
(横山武史騎手)

タスティエーラ
(松山弘平騎手)

タッチウッド
(武豊騎手)

ダノンタッチダウン
(川田将雅騎手)

トップナイフ
(横山典弘騎手)

ファントムシーフ
(C.ルメール騎手)

ベラジオオペラ
(田辺裕信騎手)

マイネルラウレア
(戸崎圭太騎手)

【血統】3代前までにサンデーサイレンスが入っている馬が好走する

過去10年の皐月賞で馬券に絡んだ30頭全頭が3代前の父方もしくは母方にサンデーサイレンスがいました。

これまで非サンデーサイレンスの馬は2015年度のサトノクラウン(1番人気)や2014年のアジアエクスプレス(5番人気)、2017年のレイデオロ(5番人気)に2018年のジャンダルム(4番人気)、オウケンムーン(5番人気)など上位人気に支持されていましたがいずれも着外に敗れています。

皐月賞は上がり勝負になることが多く、瞬発力が試されやすいです。

そのため、スピード能力の高いサンデーサイレンスの血が入った馬が活躍しています。

今年の出走馬で3代前までにサンデーサイレンスの血が入っていない馬は4頭いました。

ダノンタッチダウン
(父ロードカナロア)

トップナイフ
(父デクラレーションオブウォー)

ファントムシーフ
(父ハービンジャー)

ホウオウビスケッツ
(父マインドユアビスケッツ)※1

※1 ホウオウビスケッツは4代前の母方にサンデーサイレンスがいます。

なお、上記で上げた「前走が重賞で連対した馬」「クラシック勝利経験のある騎手」「3代前までにサンデーサイレンスが入っている馬(母系も含む)」の3つ全てに該当する馬は4頭いました。

ソールオリエンス
タスティエーラ
タッチウッド
ベラジオオペラ

皐月賞(G1)の当たる無料予想なら絶対にココ!
競馬マガジン

毎週の重賞レースの予想が無料で配信されます!
LINEに友だち追加するだけでレース当日に無料予想が届くので競馬初心者にもおすすめです!

皐月賞の過去10年の人気別成績

人気成績単勝率連対率複勝率
1番人気【3-1-2-4】30.0%40.0%60.0%
2番人気【2-2-0-6】20.0%40.0%40.0%
3番人気【1-3-2-4】10.0%40.0%60.0%
4番人気【0-2-1-7】0.0%20.0%30.0%
5番人気【1-0-0-9】10.0%10.0%10.0%
6番人気【0-0-1-9】0.0%0.0%10.0%
7番人気【1-0-0-9】10.0%10.0%10.0%
8番人気【1-1-3-5】10.0%20.0%50.0%
9番人気【1-1-0-8】10.0%20.0%20.0%
10番人気以下【0-0-1-82】0.0%0.0%1.2%

人気馬の信頼度はまずまず

過去10年の皐月賞好走馬を人気別にまとめました。

1番人気は【3-2-1-4】で勝率は30%、複勝率60%で信頼度は平均的でした。

2番人気は複勝率40%とやや低く、3番人気は60%で平均より高いです。

極端に好走率が高いわけではありませんが、馬券に絡んだ30頭のうちの16頭が1~3番人気の馬なので上位人気の信頼度はまずまずといったところでしょう。

激走しやすい8番人気

過去10年の皐月賞では8番人気は【1-1-3-5】の成績でした。

勝ち馬こそ2016年のディーマジェスティのみですが、5頭の馬が3着以内に入選していて人気に対して好走率は高めとなっています。

8番人気の馬は軸相手問わず抑えておいてもいいかもしれませんよ。

10番人気以下は凡走しがち

過去10年の皐月賞では10番人気以下の馬は83頭が出走しましたが、馬券に絡んだのは2017年のダンビュライトのみです。

それ以外の馬はいずれも4着以下に沈んでいました。

皐月賞は極端に人気を落とした二けた人気の馬の好走は厳しい舞台となっています。

皐月賞の過去10年の枠番別成績

枠番成績単勝率連対率複勝率
1枠【2-0-0-17】10.5%10.5%10.5%
2枠【1-1-2-16】5.0%10.0%20.0%
3枠【0-1-0-19】0.0%5.0%5.0%
4枠【3-3-1-13】15.0%30.0%35.0%
5枠【0-0-2-18】0.0%0.0%10.0%
6枠【2-0-3-15】10.0%10.0%25.0%
7枠【1-3-0-23】3.7%14.8%14.8%
8枠【1-2-2-22】3.7%11.1%18.5%

4枠の馬がやや優勢だが全体的に大きな差はない

過去10年の皐月賞の好走馬を枠順別にまとめました。

もっとも好走しているのは4枠で、3頭の勝ち馬をはじめ7頭が馬券に絡んでいました。

4枠は単勝率・連対率・複勝率いずれの項目でももっとも高い数値を残しています。

2018年に7番人気で勝利したエポカドーロも4枠でした。

皐月賞は4枠に入った馬が激走しやすいレースです。

なお、それ以外の枠を見ると内枠からも外枠からも勝ち馬がでていて極端に枠の差は感じられませんでした。

今年の出走馬で4枠に入った馬はファントムシーフトップナイフです。

皐月賞の過去10年の前走レース別成績

前走クラス成績単勝率連対率複勝率
G1【2-1-0-3】33.3%50.0%50.0%
G2【2-7-5-65】2.5%11.4%17.7%
G3【6-1-4-33】13.6%15.9%25.0%
L【0-1-0-10】0.0%9.1%9.1%
OP【0-0-1-22】0.0%0.0%4.3%
1勝【0-0-0-9】0.0%0.0%0.0%
新馬【0-0-0-1】0.0%0.0%0.0%
前走レース成績単勝率連対率複勝率
共同通信杯(G3)【5-0-2-9】31.3%31.3%43.8%
スプリングS(G2)【2-1-2-31】5.6%8.3%13.9%
毎日杯(G3)【1-0-0-8】11.1%11.1%11.1%
弥生賞(G2)【0-5-3-33】0.0%12.2%19.5%
若葉S(L)【0-1-1-21】0.0%4.3%8.7%
朝日杯FS(G1)【0-1-0-1】0.0%50.0%50.0%
きさらぎ賞(G3)【0-0-1-6】0.0%0.0%14.3%
京成杯(G3)【0-0-1-4】0.0%0.0%20.0%

前走重賞組がダントツ

過去10年の皐月賞で馬券に絡んだ28頭が前走重賞競走を使われていました。

また、この28頭はいずれも前走で5着以内に入選しています。

皐月賞を予想する際は前走の格と着順も確認したいですね。

今年の出走馬で前走が非重賞もしくは6着以下に敗れていた馬は5頭いました。

グリューネグリーン
(前走弥生賞ディープインパクト記念【G2】/8着)

シャザーン
(前走すみれステークス【L】/1着)

・ショウナンバシット
(前走若葉ステークス【L】/1着)

マイネルラウレア
(前走若駒ステークス【L】/1着)

ラスハンメル
(前走若葉ステークス【L】2着)

前走共同通信杯組がダントツ

過去10年の皐月賞の好走馬を前走レース別に見てみると、もっとも勝ち馬を輩出しているのは前走が共同通信杯だった馬です。

これまで5頭の勝ち馬をはじめ、7頭が馬券に絡んでいました。

勝率30%、複勝率40%を超えていてすべてのステップレースでもっとも好走馬を輩出しています。

皐月賞では前走共同通信杯を使われた馬を評価したいですね。

今年の出走馬で該当する馬は3頭いました。

ファントムシーフ(1着)
タッチウッド(2着)
ウインオーディン(5着)

弥生賞組は相手候補に

過去10年の皐月賞では前走弥生賞ディープインパクト記念だった馬は【0-5-3-33】でした。

弥生賞は皐月賞と同コースを使用するので好走傾向にあるように感じますが、意外にも勝ち馬は1頭も出ていません。

しかしながら、2.3着に絡む馬は多いので相手候補としては非常に有力ですよ。

今年の出走馬で前走弥生賞ディープインパクト記念を使っていた馬は4頭いました。

タスティエーラ(1着)
トップナイフ(2着)
ワンダイレクト(3着)
グリューネグリーン(8着)

皐月賞2023の有力馬3頭

今年の皐月賞は2歳G1馬が不在で例年以上に大混戦模様です。

しかしながら、混戦の年は古馬になって活躍する馬も多いため、将来性に期待できるレースとなっていますよ。

今年の出走登録馬で勝ち負けに期待できそうな有力馬を3頭紹介します。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

ファントムシーフ

ファントムシーフは前走の共同通信杯で超スローからの上がり3ハロン勝負を制した馬です。

一見強い相手に勝ち負けできたように思いますが、この共同通信杯は3着以下の動き出しが非常に遅かった影響もあって先に抜け出したファントムシーフが楽々勝利をつかみました。

もしもほかの騎手が早めに動いていたら結果も変わっていたと思うのでこの着順を鵜呑みにするのは少し危険かもしれません。

それでも、新馬戦から上がり33秒台の末脚を使って好走しているように持ち前の末脚とトップスピードに乗った競馬が最大の持ち味です。

ルメール騎手が継続で乗るのも心強いです。

今年の皐月賞は大混戦模様ですが、十分勝ち負けにも期待できる1頭でしょう。

★評価点
・共同通信杯勝ち馬
・ルメール騎手が引き続き騎乗する

▼課題
・データと相性の悪い非サンデーサイレンス系の馬
・共同通信杯は実は楽だった

ソールオリエンス

月曜日の段階で1番人気の支持を集めているのは京成杯勝ち馬のソールオリエンスです。

前走の京成杯では中団に構えながら、3.4コーナーで少しずつ進出を開始し、最後の直線で末脚を一気に伸ばして勝利をつかみました。

2着に入選したオメガリッチマンとの差は2馬身半で、強い競馬ができたように思います。

この京成杯は2着以下がその後進展ないので相手関係に恵まれた面も少なくありません。

しかしながら、大外ぶん回しで競馬しながら2馬身半差の勝利はインパクトのある勝ち方でした。

この京成杯の時計2分2秒は冬時期でなおかつ開催後半の中山だったので許容範囲です。

皐月賞も開催最終週に行われるレースなのでこの時の京成杯のときのように時計がかかりやすい馬場になればなお激走に期待できるのではないかと思います。

★評価点
・京成杯はインパクトのある勝ちっぷり
・タフな馬場でも走る

▼課題
・休み明け
・京成杯は相手関係に恵まれた一面もある

トップナイフ

近3戦はすべて重賞レースで2着のトップナイフがそろそろ金メダル獲得に名乗りをあげます。

この3戦はいずれも芝2,000mの舞台で逃げor先行競馬で2着に入選しました。

コース適性に関しては近2戦がいずれも中山芝2,000mを走っていることから全く問題ありません。

むしろ全出走馬の中で一番適性が合致していると言ってもいいでしょう。

非サンデーサイレンス系の馬ですが、過去の実績を見る限りここは上位人気してもおかしくありません。

今回はホウオウビスケッツやタッチウッドなどが逃げると思うので同型と競り合う可能性はありますが、近走を見る限り安定した走りを見せているので自分の競馬に集中してもらいたいですね。

★評価点
・重賞で3戦連続2着
・距離は問題ない
・コース適性もばっちり

▼課題
・データと相性の悪い非サンデーサイレンス系の馬

皐月賞2023の穴馬2頭

皐月賞は荒れるときは大いに荒れます。

また、8番人気が好走しているように人気落ちの台頭もしばしば見られますよ。

今年の出走登録馬で配当妙味に期待できそうな馬を2頭ピックアップしました。

出走馬確定前の内容になります。
枠順確定後は最終買い目を参考にしてください。

タスティエーラ

弥生賞ディープインパクト記念から挑むタスティエーラはサトノクラウン産駒です。

前走の弥生賞では中団やや前の位置で競馬しながら、3.4コーナーでスパート。

最後の直線で先頭に躍り出ると、トップナイフやワンダイレクトらの追撃をかわして重賞タイトルを手にしました。

前走の内容を見る限りは早めから動いても最後まで脚は持っているのでここでも早仕掛けの競馬を行うかもしれません。

共同通信杯は4着に敗れていますがここは仕掛けが遅すぎてトップスピードを発揮する前に敗れているので度外視していいでしょう。

ここでの勝ち負けも十分あり得ますよ。

父のサトノクラウンはこの舞台で1番人気に支持されながらも6着に敗れてしまいました。

父の無念を仔が晴らします。

★評価点
・弥生賞は早めに動いて勝利をつかんでいる
・末脚にも定評がある

▼課題
・多頭数の中山芝2,000mでどこまでやれるか

ダノンタッチダウン

ダノンタッチダウンは朝日杯FSから直行します。

前走の朝日杯FSは最後方から上がり一辺倒の競馬だけで一気にごぼう抜きし、勝ち馬のドルチェモアにクビ差まで詰め寄りました。

脚質的には長く脚を使ったほうがいいので皐月賞よりも直線の長いダービーのほうが合いそうです。

しかしながら、ステップレースを一切使わずここに照準を定めているので勝ち負けに自身はあるかもしれません。

ドルチェモアのNZTにおける敗退のため、今思えば朝日杯FSの面子はそこまで強くない可能性がでてきてしまいましたが、追い込んだときの末脚は世代でもトップクラスです。

あとはトリッキーな中山でどこまで脚を活かせるかが焦点になるでしょう。

★評価点
・末脚勝負が得意
・上がりの脚は世代でもトップクラス

▼課題
・朝日杯FSから直行
・トリッキーな中山でどこまで力を発揮できるか
・非サンデーサイレンス系の馬

皐月賞2023予想の最終買い目

皐月賞(晴れ稍重馬場想定)

皐月賞が開催される日曜日の中山競馬場は晴れの予報が出ています。

しかしながら、前日は一日中雨が降り、土曜日の芝レースは重馬場で行われていました。

レース終了後も雨は降り続き、皐月賞開催当日の朝型まで降るそうです。

日曜日は日中こそ晴れで気温も22度まで上がるようですが、さすがに前日の長い雨の影響は残ると思います。

土曜日の芝レースを見ても時計はかかっていたので、うましるでは稍重で時計のかかりやすい条件下を想定しながらレース予想を行いました。

◎本命 1 ソールオリエンス

キタサンブラック
スキア
母父Motivator
主な勝ち鞍京成杯(G3) 2023年
前走京成杯(G3) 1着

本命は京成杯勝ち馬のソールオリエンスにしました。

新馬戦と京成杯しか使っていませんが、京成杯は今回と全く同じ中山芝2,000mの舞台で中団から外目を選択し、後続を出し抜いて圧勝しました。

この京成杯は良馬場開催でしたが、この日の他の芝レースを見たら時計がかかっていたのが分かります。

タフな馬場で2着のオメガリッチマンに2馬身半差つけて完勝したのは高く評価したいですし、今回の皐月賞にもマッチするのではないでしょうか。

2戦しか使っていませんが底を見せていませんし、個人的にはキタサンブラック産駒はパワー型の馬が多い印象もあるので、タフな中山でも立ち回れると信じたいです。

〇対抗 7 ファントムシーフ

ハービンジャー
ルパンII
母父Medaglia d’Oro
主な勝ち鞍共同通信杯(G3) 2023年
前走共同通信杯(G3) 1着

対抗は共同通信杯勝ち馬のファントムシーフにしました。

前走の共同通信杯はタッチウッドを見ながら競馬を行い、直線では脚を長く使って完勝しています。

共同通信杯の中身を見た限りは直線の長いダービー向きの馬だと思います。

しかしながら、ファントムシーフを対抗に推した大きな要因は血統にありました。

明日の中山はおそらくタフな馬場でレースが行われると思います。

ファントムシーフの父であるハービンジャーはパワータイプの馬が多いため、時計のかかる馬場を得意としています。

そのため、明日の中山でも力を発揮できると思います。

中山は【0-0-0-1】とはいえ敗れた一戦はホープフルステークスの4着なのでそこまで悲観しなくても問題ありません。

鞍上もルメール騎手ですし、ここは注目したいですね。

▲単穴 8 トップナイフ

デクラレーションオブウォー
ビーウインド
母父スピニングワールド
主な勝ち鞍萩S(L) 2022年
前走報知弥生ディープ記念(G2) 2着

トップナイフは単穴にしました。

近3戦はいずれも芝2,000mの舞台で2着に入選しています。

特に、前々走のホープフルステークスは逃げの競馬を打ち、スローからの上がり勝負で連対し、強い競馬ができていました。

また、枠にも恵まれています。

4枠8番を引きましたが、トップナイフより内に逃げ馬はいません。

そのため、ホープフルステークスのような競馬を取りやすくなりました。

近走は逃げ~先行で結果を残していますし、これまで戦ってきた相手関係を見てもここはチャンスがあるでしょう。

データと相性の悪い非SS系の馬ですが、これまでの実績を評価して馬券に加えることにしました。

△連下 14 タスティエーラ

サトノクラウン
パルティトゥーラ
母父マンハッタンカフェ
主な勝ち鞍報知弥生ディープ記念(G2) 2023年
前走報知弥生ディープ記念(G2) 1着

タスティエーラは連下にします。

2走前の共同通信杯は4着に敗れましたが、これはそのとき騎乗していた福永騎手の仕掛けが遅かったため敗れています。

もしももっと速い段階で動いていたら馬券内も十分あり得たのです。

馬自身のポテンシャルも高く、前走の弥生賞では先行しながら前を走ったトップナイフを退けて勝利しました。

新馬戦から高いポテンシャルを感じられますが、共同通信杯で敗れたあとも勝利を手にしていて能力の高さは健在です。

前走弥生賞で中山実績も残しましたし、再びの激走に期待したいです。

△連下 9 ホウオウビスケッツ

マインドユアビスケッツ
ホウオウサブリナ
母父ルーラーシップ
主な勝ち鞍フリージア賞(1勝クラス) 2023年
前走スプリングS(G2) 2着

ホウオウビスケッツも抑えることにしました。

前走のスプリングステークスはベラジオオペラの2着に敗れていますが、重馬場でも力のある競馬で2着に入選しています。

明日の中山も雨の影響でタフな馬場になりそうですが、スプリングステークスの内容を見る限りここでもやってくれるでしょう。

また、その前のフリージア賞は超スローで逃げながらもラスト5ハロンを1ハロン当たり11秒台のペースで完勝しています。

逃げ馬としてはかなりリスクのある競馬でしたが見事逃げ切り、非常に内容のあるレースでした。

ここは人気落ちですが、人気以上に活躍する可能性があるので抑えます。

△連下 15 ベラジオオペラ

ロードカナロア
エアルーティーン
母父ハービンジャー
主な勝ち鞍スプリングS(G2) 2023年
前走スプリングS(G2) 1着

ベラジオオペラも抑えます。

前走のスプリングステークスは重馬場の中、上がり最速35秒7の末脚を使って逃げたホウオウビスケッツを捉えて勝利しました。

タフな馬場で差し切れたのは一定の評価が必要だと思いますが、ペースを見たらマイナス2.2秒のハイペースで差し勢有利の展開だったのです。

個人的には重馬場をハイペースで逃げながらも2着に入選したホウオウビスケッツのほうが明日のタフ馬場に対応できると思いました。

主戦を務めていた横山武史騎手がソールオリエンスを選択したのもマイナスですね。

代打の田辺騎手も悪くはありませんが、前走は展開がかみ合ったと思うので相手候補にとどめることにしました。

消し 16 タッチウッド

ドゥラメンテ
アメージングムーン
母父アドマイヤムーン
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走共同通信杯(G3) 2着

共同通信杯で2着のタッチウッドは消します。

確かに、前走の共同通信杯は出遅れながらも向こう正面で一気に先頭に躍り出て、そこから逃げ粘りの競馬を見せたので強い競馬ができたように感じました。

しかしながら、後続をよく見ると3着以下の騎手の仕掛けどころが甘くて出足が遅かったのです。

もしも、3着以下の騎手が完璧に立ち回っていたら結果は違っていたかもしれません。

個人的にはラッキーで連対できたと思っているのでこの皐月賞での上位争いは厳しいと判断しました。

消し 5 フリームファクシ

ルーラーシップ
ライツェント
母父スペシャルウィーク
主な勝ち鞍きさらぎ賞(G3) 2023年
前走きさらぎ賞(G3) 1着

フリームファクシも消します。

前走のきさらぎ賞は小頭数開催ながらも有力馬の一角であるオープンファイアをぎりぎりかわして人気に応えました。

ただ、デビューから手綱を握り続けていた川田騎手がダノンタッチダウンを選択したのは大きなマイナスです。

フリームファクシ自身、良馬場でしかレースを使っていないので雨の余韻が残る明日の馬場で立ち回れるかも分かりません。

川田騎手はダノンタッチダウンのほうが勝ち負けできると判断したのでしょう。

代打で騎乗するレーン騎手もよい騎手ですが、ここは消すことにしました。

消し 12 ダノンタッチダウン

ロードカナロア
エピックラヴ
母父Dansili
主な勝ち鞍2歳新馬 2022年
前走朝日FS(G1) 2着

川田騎手が選択したダノンタッチダウンも消します。

理由はふたつ。

前走朝日杯FSのレベルと距離適性です。

朝日杯FSは勝ち馬ドルチェモアを筆頭に、その後さっぱりな馬が多く、メンバーレベルに疑問があり、相手関係に恵まれて2着入りできた可能性も考えられるのです。

また、これまでマイルまでしか走っていないので芝2,000m、それも時計のかかるであろう馬場でスタミナが持つかも気になりました。

いくつか不安要素があったので消すことにします。

単勝

1 ソールオリエンス

馬連流し

軸馬:1
相手:7、8、9、14、15

三連複フォーメーション

1頭目:1
2頭目:7、8、9、14、15
3頭目:7、8、9、14、15

以上になります。
皐月賞の予想の参考にしてみてください!

よかったらブックマーク&シェアお願いします!
目次(読みたい項目をタップ)