中京競馬場|コースの特徴

中京競馬場 ダート1900mの特徴と攻略情報まとめ|コースを初心者向けにわかりやすく解説!

中京競馬場 ダート1900mのコースで特徴を解説

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

中京のダート1900はここをチェック!

・坂から始まるタフなコースなのでバテやすい
・キンカメ、マンハッタンカフェ、ハーツクライ産駒の成績は安定
・ねらい目は、前走京都1800mで先行~中団のまま負けた馬!?

コースの特徴・攻略情報

1200mコースと同じく、重賞、OP戦が組まれていない中京ダート1900m。1800mコースよりスタート位置が100m下がることにより、
ゴール前の坂を2回分しっかり上らなければいけない構造になっています。

1800mと同様、逃げ馬、差し追い込み馬のどちらもバテてしまうため先行の位置につけられるかどうかが重要。

スタートしてからしばらく直線なので、ポジション争い自体はきつくなりませんが、一度目のゴール板を過ぎて、向こう正面までずっとゆるやかな登りが続き、スローペースにできたとしても、途中息が入らず苦しい展開になりやすいです。

血統面では、キングカメハメハ産駒、マンハッタンカフェ産駒、ハーツクライ産駒といった、長距離をこなせるスタミナと、スピードもある程度持っている産駒を出せる種牡馬が好成績。

重馬場になり純粋なスピードが活かせるようになってくると、クロフネ産駒も活躍します。

ねらい目なのは、前走京都ダート1800mを使ってこのコースに出走してきた馬。特にその京都コースで先行、中団に位置し、ゴール前で沈むわけでもなく、前進したわけでもなく、といった馬の回収率が高いです。

中団に位置してレースを進めるスタミナはあるけれど、ゴール前直線で勝ち切るスピードがない馬は、目立つことがなくどうしても人気薄になりがち。

ですがこの中京ダート1900mであれば、逃げ馬はバテてさがり、差し馬もとどかず、いい位置にいた馬がそのまま押し切れるという展開になりやすいので、人気薄として好走してくれる確率が高まるようです。

中京競馬場の各コースの特徴を知る!

中京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像

中京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1900mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。