新潟競馬場 芝1000mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

新潟競馬場 芝1000mのコースで特徴を解説

この記事では、新潟競馬場 芝1000mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

新潟の芝1000はここをチェック!

・脚質は差し、追い込み馬が◎
・内は芝が荒れているので、外枠が有利
・サンデーサイレンス、ミスプロ内包馬の相性がいい

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

JRA唯一の芝1000mコース新潟芝1000m。新潟での名物重賞、アイビスサマーダッシュなどが行われるコースです。

直線コースであることに加え、スピードが出やすい野芝100%のため、毎年高速決着になる傾向があります。ラスト2ハロンは完璧な平坦コースのため、瞬発力が必要なコース形態です。

また、短距離戦のため最初から飛ばす馬が多く、逃げ馬や先行馬がそのまま残るレースも少なくないため、展開の読み違いが一層ポイントとなるコースでもあります。

枠順に関して、直線コースのため距離ハンデはありませんが内側の馬場は例年荒れており、外枠有利です。(過去3年での複勝率:6~8枠が20%強あるのに対し、1枠11%、2枠7%、3枠13%。)

開催後半になるとよりこの傾向は顕著になるため、予想する上で欠かせないファクターになります。

血統面ではサンデーサイレンス、ミスプロ内包馬の相性◎。瞬発力が活きる舞台に強い血統のため、直線勝負の同コースにはマッチしていますね。

新潟芝1000mを予想する上でのポイントは展開(差し馬の瞬発力が活かせる展開になるか)と枠順がカギとなってくるでしょう。

外枠に入った、人気薄の差し馬などを狙ってみるのも面白いかもしれません。

新潟競馬場の各コースの特徴を知る!

新潟競馬場の芝コース

各競馬場 芝1000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000m(内回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000m(外回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像

新潟競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる