札幌競馬場 芝1500mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

札幌競馬場 芝1500mのコースで特徴を解説

この記事では、札幌競馬場 芝1500mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

札幌の芝1500はここをチェック!

・内枠が有利!逃げ先行馬だとなお◎
・上がり3F(残り600m)最速の馬の単勝回収率が200%越え
・ディープインパクト産駒がしっかりと能力を発揮

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

オープン戦のクローバー賞が組まれている札幌芝1500m
意外に感じますが、芝1500mという距離はJRAの中でもここだけ。

第1、第2コーナーの外側に伸びているポケット部分からスタートします。

約170mを走るとすぐに第2コーナーと合流するので、逃げ先行馬は内枠に入るほうが有利。外枠は脚質に限らず、外目のポジションになりやすいため、内枠の馬より距離を走らされることが多いです。

そのため馬番の成績を見ても、内から外に行くにつれて勝率、複勝率が下がっていく傾向にあります。

脚質傾向を見ても、過去10年間(2009年~2018年)で逃げ馬の成績は【勝率20.3% 単勝回収率260%】【複勝率31.9% 複勝回収率159%】とさすがの成績。

ですが、逃げ馬より注目したいのが上がり3Fで最速を出せる馬。

このコースで上がり3F最速を記録した馬の成績は、【勝率30.8% 単勝回収率209%】【複勝率69.7% 複勝回収率203%】。

後半まくっていった馬の成績も複勝率55.6%ですので、後半勝負の馬でも十分活躍できるコースだというのがわかります。

血統面でも、好成績はディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、など機動力と末脚のしっかりしている産駒が好成績。

ただし、キングカメハメハ産駒については、複勝率こそ35%を超えていますが、勝率、単勝回収率ともにかなり悪いので、頭にして馬券を購入する場合は、慎重になったほうが良さそうです。

札幌競馬場の各コースの特徴を知る!

札幌競馬場の芝コース

各競馬場 芝1000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1500mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像

札幌競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1700mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる