毎日王冠(G2)と京都大賞典(G2)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

札幌競馬場 ダート1700mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

札幌競馬場 ダート1700mのコースで特徴を解説

この記事では、札幌競馬場 ダート1,700mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。

「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

札幌のダート1,700mはここをチェック!

  • コーナーが大きく、直線が短い
  • 時計が出やすい
  • スピードタイプの馬が出し切りやすい
  • 逃げや先行馬が結果を残しやすい
タップできる目次

札幌ダート1,700mで開催される主なレース

  • エルムステークス(G3)
  • 大雪ハンデキャップ(3勝クラス)

札幌ダート1,700mの特徴・攻略情報

札幌競馬場 ダート1700mのコースで特徴を解説
スタート地点スタンド側やや右
コース右回り
1周の距離1,487m
直線距離264.3m
高低差0.9m
フルゲート14頭

札幌のダート1,700mはスタンド側からスタートします。

スタンドから見て真ん中やや右の位置にゲートが設けられ、最初の1コーナーまでは約240mあります。

距離が短いため、前半からポジション争いが起きます。

ダートの1,700mはコースを1周強走りますが、コーナーは大回りでなおかつ直線・向こう正面が短いです。

札幌のダートコースを上空から見ると円みを帯びた形をしているのが特徴です。

そのため、1.2コーナーは大きく弧を描いていてペースはそこまで落ちません。

向こう正面は250mほどで、短く、すぐに3.4コーナーに入ります。

なお、このあたりで1mにも満たない上り坂があります。

3.4コーナーも大回りになっているのでペースを削ぐことなく最後の直線に入ります。

最後の直線は約264mです。

コーナーが大きいため、小回りコースにしてはペースは落ちることはありません。

しかしながら、最後の直線が短い関係もあり、内ラチで競馬する逃げや先行馬が粘りやすい舞台となっています。

差しや追い込み馬は向こう正面もしくは3.4コーナーから進出しないと届かないので捲りもたびたび見られますよ。

起伏は0.9mと、新潟競馬のダートに次いで小さいです。

全体的にフラットといっても過言ではなく、ペースが落ちることなく進行するのでスピードタイプの馬が能力を発揮しやすいです。

枠番別成績

枠番着回数勝率連対率複勝率
1枠15-13-21-171/2206.8%12.7%23.3%
2枠20-16-22-160/2189.2%16.5%26.6%
3枠32-22-26-296/3768.5%14.4%21.3%
4枠29-31-22-298/3807.6%15.8%21.6%
5枠29-46-36-299/4107.1%18.3%27.1%
6枠31-41-29-317/4187.4%17.2%24.2%
7枠27-31-25-342/4256.4%13.6%19.5%
8枠37-20-39-336/4328.6%13.2%22.2%
2017年~2021年の近5年の集計です。

脚質別成績

脚質着回数勝率連対率複勝率
逃げ8-6-7-82/1037.8%13.6%20.4%
先行104-98-93-716/1,01110.3%20.0%29.2%
差し19-19-21-105/16411.6%23.2%36.0%
追い込み0-1-0-4-50.0%20.0%20.0%
2017年~2021年の近5年の集計です。

騎手別成績トップ10

順位騎手着回数勝率連対率複勝率
1C.ルメール34-16-12-45/10731.8%46.7%57.9%
2横山武史17-13-14-104/14811.5%20.3%29.7%
3J.モレイラ14-3-4-8/2948.3%58.6%72.4%
4横山和生13-8-8-73/10212.7%20.6%28.4%
5吉田隼人9-7-8-70-949.6%17.0%25.5%
6池添謙一9-8-12-57/8610.5%19.8%33.7%
7秋山稔樹8-1-2-44/5514.5%16.4%20.0%
8丹内祐次7-13-5-109/1345.2%14.9%18.7%
9菱田裕二7-4-11-71/937.5%11.8%23.7%
10岩田康誠7-8-3-42/6011.7%25.0%30.0%
2017年~2021年の近5年の集計です。

調教師別成績トップ10

順位調教師着回数勝率連対率複勝率
1矢作芳人8-6-5-42/6113.1%23.0%31.1%
2須貝尚介8-6-1-13/2828.6%50.0%53.6%
3池添兼雄6-5-5-14/3020.0%36.7%53.3%
4松田国英6-1-2-8/1735.3%41.2%52.9%
5藤原辰雄5-5-4-38/529.6%19.2%26.9%
6伊藤圭三5-4-1-27/3713.5%24.3%27.0%
7武英智5-7-2-15/2917.2%41.4%48.3%
8角田晃一5-6-2-15/2817.9%39.3%46.4%
9小笠倫弘5-2-1-14/2222.7%31.8%36.4%
10田中博康5-1-3-13/2222.7%27.3%40.9%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(種牡馬)別成績トップ10

順位種牡馬着回数勝率連対率複勝率
1ハーツクライ10-11-4-42/6714.9%31.3%37.3%
2ヘニーヒューズ8-8-5-49/7011.4%22.9%30.0%
3ディープインパクト7-5-4-36/5213.5%23.1%30.8%
4ルーラーシップ6-2-2-60/708.6%11.4%14.3%
5キングカメハメハ6-4-6-51/679.0%14.9%23.9%
6シニスターミニスター6-9-3-39/5710.5%26.3%31.6%
7アイルハヴアナザー6-3-5-39/5311.3%17.0%26.4%
8マジェスティックウォリアー6-5-8-17/3616.7%30.6%52.8%
9ゴールドアリュール5-9-11-75/1005.0%14.0%25.0%
10キンシャサノキセキ5-9-5-52/717.0%19.7%26.8%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(母父)別成績トップ10

順位母父着回数勝率連対率複勝率
1フジキセキ13-5-10-58/8615.1%20.9%32.6%
2キングカメハメハ12-17-16-57/10211.8%28.4%44.1%
3サンデーサイレンス10-15-17-111/1536.5%16.3%27.5%
4ブライアンズタイム7-4-4-65/808.8%13.8%18.8%
5フレンチデピュティ6-6-5-82/996.1%12.1%17.2%
6アグネスタキオン6-4-4-77/916.6%11.0%15.4%
7クロフネ5-5-9-70/895.6%11.2%21.3%
8スペシャルウィーク5-6-4-65/806.2%13.8%18.8%
9Giant’s Causeway5-5-3-19/3215.6%31.2%40.6%
10ジャングルポケット5-2-2-15/2420.8%29.2%37.5%
2017年~2021年の近5年の集計です。

大系統別成績

大系統着回数勝率連対率複勝率
サンデーサイレンス系74-78-71-725/9487.8%16.0%23.5%
ノーザンダンサー系29-35-36-375/4756.1%13.5%21.1%
ミスタープロスペクター系56-48-63-617/7847.1%13.3%21.3%
ロベルト系16-12-15-138/1818.8%15.5%23.8%
ナスルーラ系29-26-24-217/2969.8%18.6%26.7%
ヘイロー系13-13-7-98/1319.9%19.8%25.2%
エクリプス系1-8-4-45/581.7%15.5%22.4%
2017年~2021年の近5年の集計です。

札幌競馬場の各コースの特徴を知る!

札幌競馬場の芝コース

各競馬場 芝1000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1500mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像

札幌競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1700mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次