\無料で登録!14万人が愛用中の予想サイト/
札幌競馬場|コースの特徴

札幌競馬場 ダート1000mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

札幌競馬場 ダート1000mのコースで特徴を解説
\無料で登録!14万人が愛用中の予想サイト/

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

札幌のダート1000はここをチェック!

・逃げ、先行馬が有利
・枠順による有利不利の傾向は少ない
・サウスヴィグラス産駒が相性抜群!牝馬だとさらに◎

コースの特徴・攻略情報

未勝利戦と1勝クラスが中心に行われる札幌ダート1000m。第2コーナーがおわったあたりからスタートし、約200mの直線を走って第3コーナーに入っていきます。

コーナーがきつくないので、スピードを落とすことがなくそのままゴールまで行ってしまうというパターンが多く、スタートを決めて中団に位置していることが馬券になる必須条件。

また、未勝利、1勝クラスの馬では、1000mの短距離で後方から差し切る力を持っている馬がほとんどおらず、それも手伝って逃げ先行がかなり有利になっています。

どちらかというとスタートのうまさとダッシュ力が影響するので、枠順の有利不利はとんどありません。

血統面では、サウスヴィグラス産駒が◎。過去10年間(2009年~2018年)で【勝率11.2% 単勝回収率138%】【複勝率33.6% 複勝回収率109%】と、好成績で安定。

しかもサウスヴィグラス産駒の牝馬に限定すると、さらに成績は上昇。対象の馬が出てきたら黙って買っておきたいですね。

さすがにサンデー系はここでは買いづらく、ゴールドアリュール産駒やネオユニバース産駒など、ダート適性のあるサンデー系でも、札幌ダート1000mでは印を控えめにした方が良さそうです。

これは母父がサンデー系でも同じ傾向が続くので注意しましょう。

札幌競馬場の各コースの特徴を知る!

札幌競馬場の芝コース

各競馬場 芝1000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1500mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像

札幌競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1700mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。