阪神競馬場 芝2600mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

阪神競馬場 芝2600mのコースで特徴を解説

この記事では、阪神競馬場 芝2600mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

阪神の芝2600はここをチェック!

・枠順の傾向は少ない
・好位につけ徐々にペースを上げていける馬を!
・ハービンジャー、ステイゴールド産駒などスタミナ型が狙い目

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

阪神芝2600mは、1年間でも数回しか使用されないため、傾向をはかるデータが少なく、予想が難しいコースです。

スタート地点は、芝2200mと同じ地点。その違いは内回りか外回りかということだけです。

外回りコースを走る2600mは、2200mに比べ距離が長くなるだけでなく、内回りだと通らない上り坂を越えることになります。

スタートから最初のコーナーまでが長いため、先行争いはそれほど激化せず、枠順に関係なくハナを狙う馬が逃げることができるパターンが多くなります。

そのため、前半~中盤までのペースはそこまで上がらず、後半勝負となりやすいです。

ただし2600mという中距離でスタミナも必要になることを考えると、末脚一気にかけるという馬よりも、序盤から好位につけ徐々にペースを上げていけるタイプが適しているでしょう。

実際にここ3年間の傾向を血統で見てみると、スタミナを長所に持つハービンジャー産駒の単勝回収率が100%越えと非常に高い数字を記録。

また回収率ではなくシンプルな複勝率で見ても、ハーツクライ産駒が40%と最も高く、スタミナ型血統の相性がいいことが伺えます。

しかし、先述の通り阪神芝2600mは1年に数回しか行われないコースです。上記の数字もあくまで参考程度として見ておきましょう。

阪神競馬場の各コースの特徴を知る!

阪神競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3000mのコース特徴へのリンク画像

阪神競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2000mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる