スプリンターズS(G1)とシリウスS(G3)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

阪神競馬場 芝3000mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

阪神競馬場 芝3000mのコースで特徴を解説

この記事では、阪神競馬場 芝3000mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

阪神の芝3000はここをチェック!

・逃げ馬の成績がいまいち……。スタミナが最重要!
・ステイゴールド産駒の相性がいい
・日経新春杯を使った馬が好走することが多い

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

GⅡ阪神大賞典が行われる阪神芝3000m。天皇賞春の前哨戦として、1年に1回、このレースのためだけに使われるレアなコースです。

第2コーナーが終わった向こう正面からスタートし、内回りを2回通ってゴール。逃げ馬の成績は悪く、過去10年間(2009年~2018年)では3着が最高。

先行馬と上がり3F上位を出せる馬が強いですが、これは末脚勝負という事ではなく、コーナー6回を回り、3000mという長距離を走っても最後までしっかり追ってこれる馬が馬券になっているという事でしょう。

血統面では小回りが利いて、スタミナ、スピードのバランスが良いステイゴールド産駒が優秀。ハーツクライ産駒も内回りコースでは窮屈そうですが、豊富なスタミナを活かして単勝回収率100%を超える成績を持っています。

ローテーションでは日経新春杯を使ってきた馬がこのコースと相性がよく、複勝率50% 複勝回収率186%と優秀。

スタミナはあるけれど、京都芝2400mではスピード負けして人気を落とした馬が、このコースではスタミナの重要度のほうが高いため好走する、という形ができている様です。

有力馬が年明けの初戦として選ぶことも多いですが、大抵目標はその先のGⅠです。「一度使ってから、、、」という雰囲気なのか、「ここを勝って、、、」という雰囲気なのか、陣営の思惑も予想に組み込んでいきたいですね。

阪神競馬場の各コースの特徴を知る!

阪神競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3000mのコース特徴へのリンク画像

阪神競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2000mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次