\無料で登録!14万人が愛用中の予想サイト/
阪神競馬場|コースの特徴

阪神競馬場 芝2200mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

阪神競馬場 芝2200mのコースで特徴を解説
\無料で登録!14万人が愛用中の予想サイト/

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

阪神の芝2200はここをチェック!

・マンハッタンカフェ、ハーツクライ産駒などの相性がいい
・枠順の有利不利は少ない
・馬場が重い場合、ディープインパクト産駒は不発

コースの特徴・攻略情報

GⅠ宝塚記念が行われる阪神芝2200m。

第4コーナーの少し下がったポイントからスタートして、ゴール前の坂を2回上る構成。

内回りコースを使用し、コーナーも4つ回りますが、小回りが得意な馬というよりは、マンハッタンカフェや、ハーツクライ、ステイゴールドといった、タフな流れを得意とするサンデー系の馬が好走しやすいコースです。

また、スタートしてからの直線が比較的長いため、先行争いはすんなり落ち着く場合が多く、内枠が極端に有利なわけではありません。

特に宝塚記念付近は、開催が進むことと梅雨の影響が重なって馬場は重くなりがち。直線が短く急坂もあるので、東京や京都で切れる脚をつかうディープ産駒などは苦戦しやすい傾向にあります。

しかしそれは3勝クラス以上の上級メンバー傾向であり、2勝クラス以下では、先行した馬たちがばてて下がり、ディープインパクト産駒が差し届く展開も多く発生します。

このコースで上級メンバーでも通用するディープインパクト産駒となると、母父にエルコンドルパサー、シンボリクリスエス、トニービンなど、スタミナをフォローしてくれる血統が入っているのがベストです!

また、血統に限らずこのコースを勝てるというのはタフさがあるという証拠にもなります。

他のコースであっても、重馬場や先行馬が多いレースで、戦歴に阪神芝2200mを勝ったことがある馬が出走していれば、好走可能性が高いという予想にも使えそうですね!

阪神競馬場の各コースの特徴を知る!

阪神競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2600mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝3000mのコース特徴へのリンク画像

阪神競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート2000mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。