きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

東京競馬場 芝2500mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

東京競馬場 芝2500mのコースで特徴を解説

この記事では、東京競馬場 芝2,500mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。

「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

東京の芝2,500mはここをチェック!

  • スタンド前の上り坂途中からスタート
  • 坂を合計3回上る
  • 2022年時点で年に2回しか開催されていない
  • 長距離色の強いレース
  • 大外は不利
タップできる目次

東京芝2,500mで開催される主なレース

  • 目黒記念(G2)
  • アルゼンチン共和国杯(G2)

東京芝2,500mの特徴・攻略情報

東京競馬場 芝2500mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面真ん中
コース左回り
1周の距離A=2,083m
B=2,102m
C=2,121m
D=2,140m
直線距離525.9m
高低差2.7m
フルゲート18頭

東京競馬場の芝2,500mは芝2,400mのスタート地点をちょうど100m左に動かした地点がスタートです。

スタート地点はスタンド前の上り坂の途中です。

ゲートを飛び出していきなり上り傾斜なのでペースは落ち着きます。

最初のコーナーまでは約450mで、枠の影響もそこまで大きくありません。

1.2コーナーは鈍角で大回りコースとなっています。

道のりも平たんなので競馬しやすく、各馬は息を整えながら向こう正面に向かいます。

向こう正面は下り傾斜ですが、後半に一瞬だけ登り傾斜が割込み、その後は再び下り勾配で3コーナーに向かいます。

全体的に下り傾斜の割合が多くてペースが上がりやすいですが、距離が長いのでペースを抑えながら3コーナーに入ります。

3.4コーナーも1.2コーナー同様大回りコースとなっていてスピードが出やすいです。

緩やかな傾斜ですが、ほとんどフラットに近く、後方からロングスパートを仕掛ける馬もちらほら表れます。

最後の直線は525m。

直線上には付中名物の高低差2mの上り坂があります。

上り傾斜の長さは100mほどで、そこを乗り越えたら残り300mはフラットの道のりで、その先にゴールがあります。

東京の芝2,500mは2,400mのスタート地点を100m後方にずらしただけですが、坂スタートということで求められる能力はガラリと変わります。

具体的にはスタミナが問われやすくなります。

なぜなら、スタンド前坂→向こう正面の坂→スタンド前坂と合計で3回も坂を駆け上がるからです。

もちろん、坂を駆け上がるだけのパワーも必要です。

ちなみに、東京芝2,500mは2022年時点で年に2回しか開催されていません。

該当するレースはダービーの後に開催される目黒記念と、11月初週に行われるアルゼンチン共和国杯です。

どちらも時計の出やすい時期に行われるため、スピードや瞬発性も求められますよ。

枠番別成績

枠番着回数勝率連対率複勝率
1枠1-1-2-12/166.2%12.5%25.0%
2枠2-3-1-11/1711.8%29.4%35.3%
3枠2-0-2-13/1711.8%11.8%23.5%
4枠0-4-1-14/190.0%21.1%26.3%
5枠2-0-2-16/2010.0%10.0%20.0%
6枠1-1-1-17/205.0%10.0%15.0%
7枠1-1-0-21/234.3%8.7%8.75
8枠1-0-1-21/234.3%4.3%8.7%
2017年~2021年の近5年の集計です。

脚質別成績

脚質着回数勝率連対率複勝率
逃げ0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
先行7-8-8-59/828.5%18.3%28.0%
差し3-1-1-22/2711.1%14.8%18.5%
追い込み0-0-0-3/30.0%0.0%0.0%
2017年~2021年の近5年の集計です。

騎手別成績トップ10

順位騎手着回数勝率連対率複勝率
1C.ルメール2-0-1-4/728.6%28.6%42.9%
2横山典弘2-0-0-2/450.0%50.0%50.0%
3M.デムーロ1-2-1-3/714.3%42.9%57.1%
4内田博幸1-0-0-4/520.0%20.0%20.0%
5浜中俊1-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
6D.レーン1-1-0-0-/250.0%100.0%100.0%
7C.オドノヒュー1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
8丹内祐次1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
9三浦皇成0-0-0-8/80.0%0.0%0.0%
10田辺裕信0-0-0-8/80.050.0%0.0%
2017年~2021年の近5年の集計です。

調教師別成績トップ10

順位調教師着回数勝率連対率複勝率
1藤原英昭2-0-1-2/540.0%40.0%60.0%
2木村哲也2-0-0-2/450.0%50.0%50.0%
3池江泰寿1-2-0-7/1-010.0%30.0%30.0%
4杉山晴紀1-0-0-7/812.5%12.5%12.5%
5角田晃一1-1-0-2/425.0%50.0%50.0%
6宗像義忠1-0-1-1/333.3%33.3%66.7%
7庄野靖志1-0-0-0/150.0%50.0%50.0%
8安田翔伍1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
9友道康夫0-1-1-8/100.0%10.0%20.0%
10矢作芳人0-1-1-7/90.0%11.1%22.2%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(種牡馬)別成績トップ10

順位種牡馬着回数勝率連対率複勝率
1ステイゴールド2-0-3-6/1118.2%18.2%45.5%
2オルフェーヴル2-0-0-6/825.0%25.0%25.0%
3ハーツクライ1-1-1-18/214.8%9.5%14.3%
4キングカメハメハ1-1-0-10/128.3%16.7%16.7%
5ルーラーシップ1-1-0-9/119.1%18.2%18.2%
6ロードカナロア1-0-0-5/616.7%16.7%16.7%
7カンパニー1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%
8ゴールドシップ1-0-1-1/333.3%33.3%66.7%
9ディープインパクト0-3-1-23/270.0%11.1%14.8%
10スクリーンヒーロー0-2-1-3/60.0%33.3%50.0%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(母父)別成績トップ10

順位母父着回数勝率連対率複勝率
1シンボリクリスエス2-1-1-5/922.2%33.3%44.4%
2サンデーサイレンス1-1-0-11/137.7%15.4%15.4%
3タニノギムレット1-0-1-2/425.0%25.0%50.0%
4ダンスインザダーク1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%
5マジックマイルズ1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%
6Alzao1-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
7Unbridled’s Song1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
8ボストンハーバー1-0-1-0/250.0%50.0%100.0%
9Galileo1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
10キングカメハメハ0-2-2-7/110.0%18.2%36.4%
2017年~2021年の近5年の集計です。

大系統別成績

大系統着回数勝率連対率複勝率
サンデーサイレンス系6-4-9-71/906.7%11.1%21.1%
ノーザンダンサー系0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
ミスタープロスペクター系3-2-0-27/329.4%15.6%15.6%
ロベルト系0-2-1-5/80.0%25.0%37.5%
ナスルーラ系1-1-0-10/128.3%16.7%16.7%
ヘイロー系0-0-0-0/00.0%0.0%0.0%
エクリプス系0-1-0-2/30.0%33.3%33.3%
2017年~2021年の近5年の集計です。

代表馬は?|東京競馬場 芝2500mといえば!

やはりステイゴールドではないでしょうか。2000年の目黒記念で初重賞タイトルを獲得するまでにG1で2着4回と“最強の重賞未勝利馬“を卒業したのが目黒記念の舞台でした。

その後国内でG1は勝てませんでしたが、当時G2のドバイシーマクラシックで世界最強馬のファンタスティックライトを破り日本調教馬として初めてのドバイ国際競走優勝馬となり、ラストランの香港ヴァーズで悲願のG1制覇。

種牡馬としても三冠馬オルフェーブルやゴールドシップ、父と同じく香港で初G1制覇を飾ったウインブライト等を輩出する等、語り尽くせない程の伝説をターフ内外で作った名馬でした。

東京競馬場の各コースの特徴を知る!

東京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2500mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3400mのコース特徴へのリンク画像

東京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2100mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次