きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

東京競馬場 芝2000mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

東京競馬場 芝2000mのコースで特徴を解説

この記事では、東京競馬場 芝2,000mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。

「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

東京の芝2,000mはここをチェック!

  • 天皇賞(秋)が開催される舞台
  • 総合力が試される
  • スタート地点が1.2コーナーの奥ポケット
  • 内枠有利
  • 美浦の厩舎が強い
  • 上がり勝負になりやすい
タップできる目次

東京芝2,000mで開催される主なレース

  • 天皇賞(秋)(G1)
  • フローラステークス(G2)
  • プリンシパルステークス(L)
  • 白富士ステークス(L)
  • オクトーバーステークス(L)

東京芝2,000mの特徴・攻略情報

東京競馬場 芝2000mのコースで特徴を解説
スタート地点1.2コーナー奥にある専用スタート
コース左回り
1周の距離A=2,083m
B=2,102m
C=2,121m
D=2,140m
直線距離525.9m
高低差2.7m
フルゲート18頭

東京競馬場で開催される芝2,000mは天皇賞(秋)が開催される舞台としても有名です。

スタート地点が特殊な位置にあり、1.2コーナーの端に設けられたポケットにあります。

このポケットは芝2,000mでしか使われず、専用のコースとなっています。

東京の芝2,000mはコーナーを3つ回ります。

最初のコーナーはスタートから100mほど過ぎたところにあり、鋭角です。

このコーナーのために外枠を引いた逃げや先行馬は前をつけるのが難しくなります。

最初のコーナーを過ぎると本線と合流します。

向こう正面は440mほどあって非常に長いです。

前半が下り傾斜ですが、中団に上り傾斜が一瞬入り、その後は再び下り傾斜になります。

アップダウンがありますが、中距離コースということもあって各騎手はハイペースにならないようペースをコントロールしながら競馬します。

3.4コーナーは非常に大きなワンターンコースです。

勾配はやや上り傾斜の部分が多いですが、コーナーが大きいので極端にペースを落とさなくてもコーナリングできます。

最後の直線は約525mです。

全国の競馬場の中でも、新潟に次いで直線が長く、トップスピードで競馬しやすいのが特徴です。

ただし、新潟と違って直線状に高低差2.0mの上り坂があります。

前半にペースを上げて競馬するとこの坂のために脚が止まってしまうため、各騎手はこの坂を上りきるだけの余力を残しながら競馬します。

高低差2.0mの坂を上りきると残り300mは平たんな道で、その先にゴール板が立っています。

東京の芝2,000mは距離も長くて随所に起伏もあることから、ペースはそこまで速くなりません。

レース傾向としては、3.4コーナーからペースが上がり、最後の直線で各馬スパートを仕掛けることから、上がり勝負になりやすく、差しや追い込み馬が結果を残しやすいです。

そのため、スピード力が求められますが、直線上にある坂を上るだけのスタミナとパワーも必要です。

スピード・スタミナ・パワーの三拍子が必要で、総合力の高い馬が結果を残します。

枠番別成績

枠番着回数勝率連対率複勝率
1枠28-22-19-164/23312.0%21.5%29.6%
2枠22-18-20-183/2439.1%16.5%24.7%
3枠20-22-27-190/2597.7%16.2%26.6%
4枠27-25-16-209/2779.7%18.8%24.5%
5枠21-36-34-208/2997.0%19.1%30.4%
6枠24-24-30-248/3267.4%14.7%23.9%
7枠32-26-23-277/3588.9%16.2%22.6%
8枠31-32-36-280/3798.2%16.6%26.1%
2017年~2021年の近5年の集計です。

脚質別成績

脚質着回数勝率連対率複勝率
逃げ8-6-3-52/6911.6%20.3%24.6%
先行82-75-72-502/73111.2%21.5%31.3%
差し41-41-40-218/34012.1%24.1%35.9%
追い込み5-10-9-28/529.6%28.8%46.2%
2017年~2021年の近5年の集計です。

騎手別成績トップ10

順位騎手着回数勝率連対率複勝率
1C.ルメール37-16-22-50/12529.6%42.4%60.0%
2田辺裕信14-8-12-79/11312.4%19.5%30.1%
3戸崎圭太12-17-13-63/10511.4%27.6%40.0%
4M.デムーロ12-10-18-49/8913.5%24.7%44.9%
5三浦皇成10-12-7-66/9510.5%23.2%30.5%
6石橋脩10-9-8-38/6515.4%29.2%41.5%
7福永祐一9-8-2-27/4619.6%37.0%41.3%
8内田博幸8-3-6-75/928.7%12.0%18.5%
9横山武史8-5-8-40/6113.1%21.3%34.4%
10北村宏司6-5-6-44/619.8%18.0%27.9%
2017年~2021年の近5年の集計です。

調教師別成績トップ10

順位調教師着回数勝率連対率複勝率
1堀宣行21-16-8-24/6930.4%53.6%65.2%
2国枝栄19-13-7-37/7625.0%42.1%51.3%
3藤沢和雄11-5-8-34/5819.0%27.6%41.4%
4木村哲也7-5-3-19/3420.6%35.3%44.1%
5相沢郁6-3-5-30/4413.6%20.5%31.8%
6奥村武6-2-4-20/3218.8%25.0%37.5%
7尾関知人5-5-3-29/4211.9%23.8%31.0%
8手塚貴久5-8-3-22/3813.2%34.2%42.1%
9上原博之4-2-1-23/3013.3%20.0%23.3%
10大竹正博4-1-5-20/3013.3%16.7%33.3%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(種牡馬)別成績トップ10

順位種牡馬着回数勝率連対率複勝率
1ディープインパクト34-37-33-181/28511.9%24.9%36.5%
2ハーツクライ17-22-17-124/1809.4%21.7%31.1%
3キングカメハメハ17-9-6-64/9617.7%27.1%33.3%
4ハービンジャー10-10-16-88/1248.1%16.1%29.0%
5エピファネイア9-5-4-36/5416.7%25.9%33.3%
6モーリス9-5-4-15/3327.3%42.4%54.5%
7スクリーンヒーロー8-3-4-30/4517.8%24.4%33.3%
8オルフェーヴル6-7-9-53/758.0%17.3%29.3%
9ロードカナロア6-10-9-37/629.7%25.8%40.3%
10キズナ6-4-2-29/4114.6%24.4%29.3%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(母父)別成績トップ10

順位母父着回数勝率連対率複勝率
1サンデーサイレンス16-8-12-89/12512.8%19.2%28.8%
2キングカメハメハ11-13-6-62/9212.0%26.1%32.6%
3シンボリクリスエス10-9-9-57/8511.8%22.4%32.9%
4ディープインパクト6-10-8-59/837.2%19.3%28.9%
5ダイワメジャー6-3-2-12/2326.1%39.1%47.8%
6クロフネ5-5-3-55/687.4%14.7%19.1%
7ダンスインザダーク5-0-1-47/539.4%9.4%11.3%
8ネオユニヴァース5-3-2-24/3414.7%23.5%29.4%
9マンハッタンカフェ5-4-1-21/3116.1%29.0%32.3%
10アグネスタキオン4-5-5-76/904.4%10.0%15.6%
2017年~2021年の近5年の集計です。

大系統別成績

大系統着回数勝率連対率複勝率
サンデーサイレンス系103-119-115-895/1,2328.4%18.0%27.4%
ノーザンダンサー系14-23-27-206/2705.2%13.7%23.7%
ミスタープロスペクター系48-42-35-406/5319.0%16.9%23.5%
ロベルト系29-14-16-136/19514.9%22.1%30.3%
ナスルーラ系3-4-8-62/773.9%9.1%19.5%
ヘイロー系2-0-2-22/267.7%7.7%15.4%
エクリプス系6-3-2-28/3915.4%23.1%28.2%
2017年~2021年の近5年の集計です。

代表馬は?|東京競馬場 芝2000mといえば!

近年ではやはりウオッカが1番ファンの心に残っているのでは無いでしょうか。

同期のライバル、ダイワスカーレットと10ヶ月ぶりの再戦。更にその年のダービーを制し3歳馬ながら天皇賞に駒を進めたディープスカイや翌年の秋の天皇賞とマイルCSを制したカンパニーらが一堂に揃った伝説の天皇賞。

今尚、今後も間違いなく語り継がれて行くであろう伝説の一戦を制したのがウオッカでした。

東京競馬場の各コースの特徴を知る!

東京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2500mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3400mのコース特徴へのリンク画像

東京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2100mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次