きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

東京競馬場 ダート1600mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

東京競馬場 ダート1600mのコースで特徴を解説

この記事では、東京競馬場 ダート1,600mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。

「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

東京のダート1,600mはここをチェック!

  • 芝スタート
  • ワンターンコース
  • スピード色が求められる
  • 差しや追い込みも決まりやすい
タップできる目次

東京ダート1,600mで開催される主なレース

  • フェブラリーステークス(G1)
  • ユニコーンステークス(G3)
  • 武蔵野ステークス(G3)
  • ヒヤシンスステークス(L)
  • オアシスステークス(L)
  • グリーンチャンネルカップ(L)
  • 青竜ステークス(OP)
  • アハルテケステークス(OP)
  • カトレアステークス(OP)

東京ダート1,600mの特徴・攻略情報

東京競馬場 ダート1600mのコースで特徴を解説
スタート地点2コーナー奥の芝
コース左回り
1周の距離1,899m
直線距離501.6m
高低差2.5m
フルゲート16頭

中央競馬におけるダート1,600mは東京競馬場のみ設けられています。

東京のダート1,600mは左回りのダートコースです。

スタート地点が特殊で、2コーナーの奥にある芝からスタートします。

芝コースを150m~180m程走るとダートコースに入ります。

内よりも外のほうが芝の部分が長く芝の部分を走ることができるので、勢いをつけられます。

最初のコーナーまでは約640mと非常に長いです。

基本的にスタートとコーナーの距離が長いほど先行争いが起きないのでペースは落ち着きますが、東京のダート1,600mは前傾姿勢になりがちです。

なぜなら、スタートからしばらく平たんもしくは緩やかな下り坂を駆け下りるため、ペースが速くなりやすいからです。

また、マイルという距離の関係上、前半からペースを上げても最後まで残れる可能性があるため最初から流れます。

長い向こう正面を過ぎると3.4コーナーに入ります。

3.4コーナーは平たんで、比較的コーナーも大きいのでそこまで減速しなくてもカーブできます。

最後の直線は約501mです。

日本のダートコースで最長の距離を誇っていて、直線入りの時点で高低差2.4mほどの上り坂を300mほど駆け上がります。

坂を上ったら残り200mほどは平たんで、ゴール板はその先に立っています。

東京のダート1,600mで押さえておきたいポイントは2つあります。

ひとつは芝スタートで外のほうが芝の部分を長く走れること。

そのため、外枠のほうが加速をつけてダートコースに入れます。

また、内を引いた馬は芝部分が短いだけではなく、外から内ラチを狙う馬たちに囲まれるリスクもあるので成績は劣っているのです。

ふたつめは直線が長いことです。

直線が長いということはそれだけ長く脚を活かせるので、脚を溜めて競馬する差しや追い込み馬の好走率が高いです。

逆に、逃げ馬の好走率は高くありません。

上がり勝負にもなりやすいのでスピード能力に長けたダートホースがこの舞台で結果を残しやすいですよ。

枠番別成績

枠番着回数勝率連対率複勝率
1枠52-50-36-751/8895.8%11.5%15.5%
2枠61-58-66-760/9456.5%12.6%19.6%
3枠62-66-58-803/9896.3%12.9%18.8%
4枠62-60-70-841/1,0336.0%11.8%18.6%
5枠55-74-83-839/1,0515.2%12.3%20.2%
6枠88-81-85-821/1,0758.2%15.7%23.6%
7枠79-85-69-862/1,0957.2%15.0%21.3%
8枠95-78-88-832/1,0938.7%15.8%23.9%
2017年~2021年の近5年の集計です。

脚質別成績

脚質着回数勝率連対率複勝率
逃げ25-27-15-193/2609.6%20.0%25.8%
先行217-206-196-1,667/2,2869.5%18.5%27.1%
差し87-79-57-462/68512.7%24.2%32.6%
追い込み11-10-16-74/1119.9%18.9%33.3%
2017年~2021年の近5年の集計です。

騎手別成績トップ10

順位騎手着回数勝率連対率複勝率
1C.ルメール61-39-31-120/25124.3%39.8%52.2%
2戸崎圭太51-35-31-188/30516.7%28.2%38.4%
3田辺裕信35-37-23-219/31411.1%22.9%30.3%
4三浦皇成33-35-23-210/30111.0%22.6%30.2%
5大野拓弥22-18-26-230/2967.4%13.5%22.3%
6M.デムーロ21-22-16-85/14414.6%29.9%41.0%
7横山典弘21-16-8-94/13915.1%26.6%32.4%
8石橋脩18-16-20-147/2019.0%16.9%26.9%
9福永祐一17-10-15-62/10416.3%26.0%40.4%
10内田博幸14-36-20-267/3374.2%14.8%20.8%
2017年~2021年の近5年の集計です。

調教師別成績トップ10

順位調教師着回数勝率連対率複勝率
1加藤征弘34-18-10-81/14323.8%36.4%43.4%
2久保田貴士19-13-13-102/14712.9%21.8%30.6%
3堀宣行14-1-2-20/3737.8%40.5%45.9%
4斎藤誠13-13-14-75/11511.3%22.6%34.8%
5藤沢和雄13-17-11-48/8914.6%33.7%46.1%
6萩原清13-8-7-57/8515.3%24.7%32.9%
7中舘英二12-10-11-112/1458.3%15.2%22.8%
8栗田徹12-11-10-58/9113.2%25.3%36.3%
9高木登11-7-12-87/1179.4%15.4%25.6%
10木村哲也11-7-7-38/6317.5%28.6%39.7%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(種牡馬)別成績トップ10

順位種牡馬着回数勝率連対率複勝率
1ヘニーヒューズ39-36-27-201/30312.9%24.8%33.7%
2ゴールドアリュール22-13-14-154/20310.8%17.2%24.1%
3キングカメハメハ19-25-22-143/2099.1%21.1%31.6%
4ロードカナロア19-9-16-117/16111.8%17.4%27.3%
5パイロ14-14-11-128/1678.4%16.8%23.4%
6アイルハヴアナザー12-14-16-134/1766.8%14.8%23.9%
7ドゥラメンテ12-10-7-50/7915.2%27.8%36.7%
8シニスターミニスター9-9-15-117/1506.0%12.0%22.0%
9キンシャサノキセキ9-15-10-83/1177.7%20.5%29.1%
10ジャスタウェイ9-8-6-71/949.6%18.1%24.5%
2017年~2021年の近5年の集計です。

血統(母父)別成績トップ10

順位母父着回数勝率連対率複勝率
1シンボリクリスエス23-23-20-202/2688.6%17.2%24.6%
2サンデーサイレンス22-21-29-253/3256.8%13.2%22.2%
3アグネスタキオン20-15-14-245/2946.8%11.9%16.7%
4フジキセキ20-25-16-208/2697.4%16.7%22.7%
5キングカメハメハ18-22-18-171/2297.9%17.5%25.3%
6フレンチデピュティ16-19-15-174/2247.1%15.6%22.3%
7ダンスインザダーク15-25-15-170/2256.7%17.8%24.4%
8クロフネ12-19-21-173/2255.3%13.8%23.1%
9スペシャルウィーク11-13-12-118/1547.1%15.6%23.4%
10マンハッタンカフェ11-13-4-115/1437.7%16.8%19.6%
2017年~2021年の近5年の集計です。

大系統別成績

大系統着回数勝率連対率複勝率
サンデーサイレンス系148-146-152-2,037/2,4836.0%11.8%18.0%
ノーザンダンサー系114-122-101/1,143/1,4807.7%15.9%22.8%
ミスタープロスペクター系178-161-169-1,845/2,3537.6%14.4%21.6%
ロベルト系34-37-38-484/5935.7%12.0%18.4%
ナスルーラ系56-56-62-619/7937.1%14.1%21.9%
ヘイロー系14-20-19-224/2775.1%12.3%19.1%
エクリプス系7-8-12-121/1484.7%10.1%18.2%
2017年~2021年の近5年の集計です。

代表馬は?|東京競馬場 ダート1600mといえば!

東京ダート1600メートルといえばクロフネではないでしょうか。

翌年のジャパンカップダートでゴールドアリュールやアドマイヤドンを破ったイーグルカフェを相手に9馬身差の圧勝。まさにダート界に黒船襲来。

あの武蔵野ステークスで記録した1.33.3の日本レコードは、2019年の今なお破られることなく残り続けています。

東京競馬場の各コースの特徴を知る!

東京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2500mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3400mのコース特徴へのリンク画像

東京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2100mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次