東京競馬場|コースの特徴

東京競馬場 ダート1600mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

東京競馬場 ダート1600mのコースで特徴を解説

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

東京のダート1600はここをチェック!

・外枠が圧倒的に有利!1.2.3枠は厳しい傾向
・全体的に先行馬の成績がいいが、外差しも決まりやすい
・ゴールドアリュール、クロフネ産駒の相性がいい

コースの特徴・攻略情報

中央競馬で行われている2つのダートG Iの内の1つ、フェブラリーステークス等が行われるコースになります。

特徴は何と言ってもスタート地点。ダートコースを完全に跨ぎ、芝コースの2コーナー奥まで食い込んだポケット地点からの発走となる為、ダートのレースでありながら芝コースを約150メートルも走る事に。

更に芝とダートの境目の距離も内と外で異なり、外枠の馬は30メートル程芝コースを長く走ることができる為、枠順による有利不利が非常に大きくなります。

もう1つ気を付けなくてはならないのは、ほとんどの馬が普段ダートを主戦場としている馬達なので慣れない芝の上でのスタートに足を滑らせ大きく出遅れるケースが多々起こるということです。

【2019年2月までの過去10年のデータ】

・枠順別データ
最も好成績を残している枠はやはり8枠。勝率約8%、連対率約16%でトップとなっております。それに続くのは5枠で勝率、連対率共にほぼ並ぶ形となっております。

注目すべきは内の1,2,3枠で特に1,2枠は他の枠と比較してガクッと成績が落ちる為、予想する際は割引が必要になります。

・脚質別データ
ダート競馬の基本となる逃げ、先行馬が圧倒的に好成績を残しておりますが、フェブラリーステークス等の一流馬が集うレースになるとペースが速くなり、後方からの追い込みが俄然決まりやすくなるので注意が必要です。

・種牡馬別データ
1600メートルでも変わらず好成績を残しているのはゴールドアリュール産駒で勝率約11%、連対率約19%でトップの成績を残しており、それに続くのがクロフネ産駒となっております。

その他意外な所ではゼンノロブロイ産駒が下級条件のレースにはなりますが連対率、複勝率共にトップクラスの成績を残しているので注目が必要です。

代表馬は?|東京競馬場 ダート1600mといえば!

東京ダート1600メートルといえばクロフネではないでしょうか。

翌年のジャパンカップダートでゴールドアリュールやアドマイヤドンを破ったイーグルカフェを相手に9馬身差の圧勝。まさにダート界に黒船襲来。

あの武蔵野ステークスで記録した1.33.3の日本レコードは、2019年の今なお破られることなく残り続けています。

執筆者:yuki

騎手を志し小学生の頃から本格的に乗馬を始める。騎手の道を挫折した後、育成牧場で勤め、競走馬の調教に騎乗。その経験を活かし馬券だけでは無い、馬と人が創り出す”競馬”の魅力を発信中。好きな馬はタニノギムレット、ウオッカ、ローエングリン。

東京競馬場の各コースの特徴を知る!

東京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2300mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2500mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝3400mのコース特徴へのリンク画像

東京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1300mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1600mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート2100mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。