きさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)の当たる予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

東京競馬場 ダート1400mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

東京競馬場 ダート1400mのコースで特徴を解説

この記事では、東京競馬場 ダート1,400mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。

「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

東京のダート1,400mはここをチェック!

  • ダートスタート
  • ワンターンコース
  • 枠順における影響は小さい
  • 差しや追い込みが有利
  • スピード能力が試される
  • 関東騎手と外人騎手が結果を残している
  • 芝・ダート問わず現役時代に短距離レースで好走した種牡馬に注目
タップできる目次

東京ダート1,400mで開催される主なレース

  • 根岸ステークス(G3)
  • バレンタインステークス(OP)
  • 欅ステークス(OP)
  • ベルセウスステークス(OP)
  • 霜月ステークス(OP)

東京ダート1,400mの特徴・攻略情報

東京競馬場 ダート1400mのコースで特徴を解説
スタート地点向こう正面2コーナーの出口付近
コース左回り
1周の距離1,899m
直線距離502m
高低差2.5m
フルゲート16頭

東京ダート1,400mのスタート地点は向こう正面、2コーナーの出口付近で、1,300mのスタート地点から100m後方です。

中央競馬におけるダート1,400mは東京以外に中京・阪神・京都の4馬場がありますが、東京以外の3会場が芝スタートに対し、ダートスタートは東京競馬場のみです。

スタートから最初のコーナーまでは約440mもあるためポジション争いは落ち着くように感じますが、短距離戦ということで各馬最初からハイペースで競馬します。

最初のコーナーまで緩いアップダウンを駆け上がった後に最初のコーナーがあります。

3.4コーナーは鈍角でコーナーも大きいため、各馬そこまで減速しなくても立ち回れます。

最後の直線は約500mで、すべてのダートコースの中でも直線が非常に長いです。

直線上、残り450m付近から府中名物高低差2.2mの上り坂が待ち受けています。

この坂のためにスタミナが必要ですが、同じ左回りの中京ほど急坂ではなく、あくまでも緩やかな上り坂となっています。

坂をのぼり切ったら残り200mは平たんで、その先にゴール板が立っています。

東京ダート1,400mはハイペース傾向にある上、最後の直線が500mもあるので差しや追い込み馬が台頭しやすいです。

特に、唯一の重賞競走が組まれている根岸ステークスは差しや追い込み馬が毎年馬券に絡んでいて、末脚勝負に期待できるコースです。

ダートコースにしては珍しく、トップスピードで立ち回れるコースであることから、スピード能力に長けた馬が結果を残しやすく、芝から転向した馬であっても活躍することが多いですよ。

枠番別成績

枠番着回数勝率連対率複勝率
1枠52-44-62-704/8626.0%11.1%18.3%
2枠54-62-45-720/8816.1%13.2%18.3%
3枠55-63-54-738/9106.0%13.0%18.9%
4枠59-66-69-727/9216.4%13.6%21.1%
5枠52-63-48-759/9225.6%12.5%17.7%
6枠61-65-67-732/9256.6%13.6%20.9%
7枠81-45-51-748/9258.8%13.6%19.1%
8枠53-57-70-749/9295.7%11.8%19.4%
2018年~2022年の近5年の集計です。

脚質別成績

脚質着回数勝率連対率複勝率
逃げ25-24-23-210/2828.9%17.4%25.5%
先行188-160-157-1,606/2,1118.9%16.5%23.9%
差し68-50-53-385/55612.2%21.2%30.8%
追い込み13-11-12-82/11811.0%20.3%30.5%
2018年~2022年の近5年の集計です。

騎手別成績トップ10

順位騎手着回数勝率連対率複勝率
1C.ルメール43-20-23-73/15927.0%39.6%54.1%
2戸崎圭太31-33-20-135/21914.2%29.2%38.4%
3三浦皇成30-21-33-162/24612.2%20.7%34.1%
4田辺裕信30-18-23-173/24412.3%19.7%29.1%
5内田博幸23-26-31-210/2907.9%16.9%27.6%
6M.デムーロ20-17-14-80/13115.3%28.2%38.9%
7石橋脩18-17-15-120/17010.6%20.6%29.4%
8横山典弘17-12-10-93/13212.9%22.0%29.5%
9大野拓弥16-19-19-206/2606.2%13.5%20.8%
10横山武史15-11-10-104/14010.7%18.6%25.7%
2018年~2022年の近5年の集計です。

調教師別成績トップ10

順位調教師着回数勝率連対率複勝率
1伊藤圭三27-18-16-114/17515.4%25.7%34.9%
2田中博康14-7-6-35/6222.6%33.9%43.5%
3矢野英一12-9-12-82/11510.4%18.3%28.7%
4田村康仁12-5-12-72/10111.9%16.8%28.7%
5加藤征弘12-11-6-70/9912.1%23.2%29.3%
6岩戸孝樹10-16-11-100/1377.3%19.0%27.0%
7鈴木伸尋10-11-5-89/1158.7%18.3%22.6%
8手塚貴久9-7-7-56/7911.4%20.3%29.1%
9加藤士津八9-3-2-48/6214.5%19.4%22.6%
10藤沢和雄9-6-1-19/3525.7%42.9%45.7%
2018年~2022年の近5年の集計です。

血統(種牡馬)別成績トップ10

順位種牡馬着回数勝率連対率複勝率
1ヘニーヒューズ36-29-30-226/32111.2%20.2%29.6%
2シニスターミニスター22-16-16-124/17812.4%21.3%30.3%
3ロードカナロア22-10-14-125/17112.9%18.7%26.9%
4キンシャサノキセキ16-20-16-181/2336.9%15.5%22.3%
5パイロ14-14-20-161/2096.7%13.4%23.0%
6サウスヴィグラス12-19-14-133/1786.7%17.4%25.3%
7クロフネ12-12-17-98/1398.6%17.3%29.5%
8ゴールドアリュール9-13-16-136/1745.2%12.6%21.8%
9エスポワールシチー9-10-5-52/7611.8%25.0%31.6%
10スズカコーズウェイ8-5-5-48/6612.1%19.7%27.3%
2018年~2022年の近5年の集計です。

血統(母父)別成績トップ10

順位母父着回数勝率連対率複勝率
1フジキセキ22-18-26-179/2459.0%16.3%26.9%
2フレンチデピュティ16-10-10-159/1958.2%13.3%18.5%
3サンデーサイレンス13-11-24-190/2385.5%10.1%20.2%
4シンボリクリスエス13-8-5-118/1449.0%14.6%18.1%
5アグネスタキオン12-16-14-197/2395.0%11.7%17.6%
6クロフネ11-8-13-131/1636.7%11.7%19.6%
7スペシャルウィーク11-13-8-130/1626.8%14.8%19.8%
8タイキシャトル11-5-7-117/1407.9%11.4%16.4%
9キングカメハメハ10-5-9-132/1566.4%9.6%15.4%
10ネオユニヴァース9-8-9-136/1625.6%10.5%16.0%
2018年~2022年の近5年の集計です。

大系統別成績

大系統着回数勝率連対率複勝率
サンデーサイレンス系101-103-102-1,590/1,8095.3%10.8%16.1%
ノーザンダンサー系113-112-111-1,088/1,4247.9%15.8%23.6%
ミスタープロスペクター系137-128-137-1,731/2,1336.4%12.4%18.8%
ロベルト系19-29-26-375/4494.2%10.7%16.5%
ナスルーラ系65-50-54-596/7658.5%15.0%22.1%
ヘイロー系24-29-22-340/4155.8%12.8%18.1%
エクリプス系4-7-4-100/1153.5%9.6%13.0%
2018年~2022年の近5年の集計です。

代表馬は?|東京競馬場 ダート1400mといえば!

東京ダート1400メートルと言えば根岸ステークス。

根岸ステークスといえばブロードアピール!と書こうと思っていたのですが当時の根岸ステークスはまだ1200メートルで行われていたのでブロードアピールの根岸ステークスはこれに該当しません。

そこで今回は私が今まで見てきた根岸ステークスの中で1番衝撃衝撃を受けたレースを紹介させていただきます。馬の名前はメイショウボーラー。

2歳時に重賞を連勝し朝日杯では1番人気に支持され翌年の皐月賞でもダイワメジャーの3着に入るなど3歳時までは芝を主戦場としていた馬でした。年が明け血統的にダートもこなせるのではないかと言う陣営の判断から初めてダートのG IIIガーネットステークスに出走し3馬身差の圧勝。

続く根岸ステークスではなんと7馬身差の圧勝。そのまま3連勝でフェブラリーステークスを制しダートで負けなしの3連勝を飾った文字通り快速馬でした。

東京競馬場の各コースの特徴を知る!

東京競馬場の芝コース

各競馬場 芝1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2500mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3400mのコース特徴へのリンク画像

東京競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1300mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1600mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2100mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート2400mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次