京都競馬場|コースの特徴

京都競馬場 芝2200mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

京都競馬場 芝2200mのコースで特徴を解説

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

京都の芝2200はここをチェック!

・内枠の先行馬、差し馬が有利!
・ディープインパクト、ハービンジャー産駒の相性がいい
・穴馬ではジャングルポケット産駒が狙い目!

コースの特徴・攻略情報

京都2200mと言えばエリザベス女王杯。他にも古馬伝統のG2京都記念が行われるようにおなじみのコースとなっています。

コースは外回りを使用し1周以上することから字面以上にスタミナが要求される条件となっています。向こう正面から3コーナーで高低差4.3mという大きな坂が待ち受けます。

一気に上ったら3コーナー途中で一気に下る。この下りで惰性をつけ直線に入るので、差し馬は外に振られバラけやすくなっています。

そのため、トップスピードに乗るまでがもたつく馬にはマクリが有効ではありますが、距離ロスも大きい為、基本的にはインで我慢して内差しをするのがベスト。その為、内枠の先行、差し馬が有利となっています。

血統ではディープインパクト、ハービンジャー産駒が好成績です。瞬発力で内差しや馬群を縫うことを狙うディープと下り坂から惰性をつけて長く脚を使うハービンジャー。タイプは異なりますがともにこの条件にあっています。

またこの2頭の傾向は2000mと同じですが、2200mで成績が上がる馬もいます。それはジャングルポケット産駒。エリザベス女王杯を連破した外国馬スノーフェアリーに善戦したアヴェンチュラ、大穴をあけたクィーンスプマンテがそれにあたります。

また最近言われる非根幹距離という点ではマンハッタンカフェ産駒が強く、クイーンズリングのエリザベス女王杯に京都新聞杯のプラチナムバレットと複数の好走馬を出しています。

京都競馬場の各コースの特徴を知る!

京都競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1400m(内回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1400m外回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600m(内回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600m外回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝3000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝3200mのコース特徴へのリンク画像

京都競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1900mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。