京都競馬場|コースの特徴

京都競馬場 ダート1800mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

京都競馬場 ダート1800mのコースで特徴を解説

この記事では、コースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

京都のダート1800はここをチェック!

・内枠の逃げ、先行馬が極端に有利
・追い込み馬が勝つには早めの仕掛けが肝心
・産駒はキングカメハメハ、ゴールドアリュール、クロフネに注目

コースの特徴・攻略情報

京都1800mダートについては1にも2にもまずは逃げ先行、内枠。

スタンド前のスタートから2ターンするコースです。1コーナーまで286mあることから逃げ先行馬はスムーズに自分のペースにのりやすくなっています。

ですからスローに落とす必要もハイペースで後ろに脚を使わさせる逃げを打つ必要もありません。ミドルでもコーナーが4つもありますから、自然とコーナーワークで差がついていきます。

内外の比較でもコーナリングでロスする外の馬を尻目に、内の先行馬は無理なく更に前へ。これについても4つのコーナーで繰り返すわけですから、内枠の逃げ先行馬が極端に有利になるのが分かると思います。

これだけ無理なく逃げれるわけですから時計も早くなり、日本レコードが出るのも頷けます。

もし差し馬が勝つには平坦な直線まで待っていてはいけません。3コーナー下りで捲りながら、無理して直線では先頭集団にいないと、唯でさえ前が止まりませんから追いつくことすら困難になります。捲るとすれば、絶対的な能力と距離からもスタミナが相当必要です。

産駒別ではダート血統を母に持つキングカメハメハ、ゴールドアリュール、クロフネが向いていると思います。

軽いダートですから現役時代、芝でも走っていたようなタイプが良いのでしょう。一発を狙うならアグネスデジタルも。アンタレスSのダイシンオレンジやみやこS2着のカゼノコといったようにここで一変した馬もいます。

京都競馬場の各コースの特徴を知る!

京都競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1400m(内回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1400m外回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600m(内回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1600m外回り)のコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝3000mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 芝3200mのコース特徴へのリンク画像

京都競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像 各競馬場 ダート1900mのコース特徴へのリンク画像
ABOUT ME
sakaida
sakaida
馬大好き人間。ギャンブル性だけじゃない、競馬・うまの素晴らしさを日本中に広めることが夢です!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。