スプリンターズS(G1)とシリウスS(G3)の無料予想なら絶対にココ!!無料予想をみる

京都競馬場 芝3200mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

京都競馬場 芝3200mのコースで特徴を解説

この記事では、京都競馬場 芝3200mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

京都の芝3200はここをチェック!

・内枠の成績がいい!特に1枠の勝率が圧倒的!
・過去10年、逃げ馬が逃げ残ったことはない
・最終3コーナーから徐々にペースを上げられる器用なスタミナタイプが狙い目

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

京都の芝3200mはG1天皇賞春専用コースとして使用されます。

登りスタートの3000m菊花賞とは異なり、スタートは平坦です。ここがペースを占う上で最初の肝となり平坦スタートのためポジション取りの負荷が3000mより低くなります。

これにより逃げ馬のつくるペースがまちまちになり結果、道中次第でレース上がりが34秒台になることもあれば、36秒台に突入することも起こります。よって逃げ馬のタイプは把握しておく必要があります。

枠はやはり長距離ということでロスない内枠が絶対的に有利です。天皇賞春では1枠に入った馬が約10年で5勝を挙げています。

またスタートからの逃げ切りを決めた馬はほぼ皆無。いかにスタミナを温存するかが最大のポイントであることが分かると思います。

中盤で進出し主導権を握ったまま押し切ったビートブラックが逃げ切りと言えば逃げ切りでしだが、スタミナを温存する逃げではスローペースになることから結局は決め手のある馬に差されてしまいます。

基本逃げ馬は軽視。しかしながら最後の直線だけ追い込んでも直線が短いので無理があります。

最後の3コーナーから下り坂を使い徐々にポジションを上げ、ロングスパートで差す、粘りこむというのが狙いやすいパターン。勝負所で位置を押し上げる機動力と鞍上の駆け引きが必要になります。

血統はスタミナと動ける器用さで1番はステイゴールド。中長距離を裏付け出来る母父を持ったディープインパクトが狙いでしょう。

京都競馬場の各コースの特徴を知る!

京都競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400m(内回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400m(外回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600m(内回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600m(外回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3200mのコース特徴へのリンク画像

京都競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1900mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
タップできる目次