京都競馬場 ダート1900mの特徴と攻略情報まとめ|初心者向けにわかりやすく解説!

京都競馬場 ダート1900mのコースで特徴を解説

この記事では、京都競馬場 ダート1900mのコースの特徴を競馬初心者向けに独自に解説しています。「これから競馬を始める!」「競馬場について知識がほとんどない……」という方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。ぜひ予想の参考にしてみてくださいね。

京都のダート1900はここをチェック!

・逃げ、先行馬が圧倒的に有利
・馬場が渋った場合、より先行馬有利になりやすい!
・キンカメ産駒は安定!ネオユニヴァースやゼンノロブロイも狙い目!

タップできる目次

コースの特徴・攻略情報

京都ダート1800同様のイメージになります。中山や阪神のダートと異なり、京都のダートは馬場も軽く、平坦であることからタイムがより出やすい決着になることが多いです。

スタートは1800mの地点より、100m後ろからスタートします。よってスタート後の直線が長いため、枠順の有利不利は1800に比べ緩和されています。というより、砂を被らずスムーズに行けるため外が有利と考えても良いと思います。

しかし、脚質はやはり逃げ・先行馬が圧倒的に有利です。直線に入ったところで好位に付けていなければ平坦京都で勝ち負けするのは難しいといえます。雨でも降って馬場が重くなれば脚抜きの良いダートになり、更に逃げ先行馬の信頼度はアップしますので無双です。

血統傾向では大きな傾向が少ないレース。ダートの色を母に持つことを条件にキングカメハメハが1番安定感があります。勿論、ゴールドアリュールも良いですが、他のダート戦に比べスタミナ色が強くなっています。

ネオユニヴァースやゼンノロブロイなど他のダート戦にはあまり見られないスタミナ豊富な血統が台頭しているのです。京都ダート1900mは想像以上にスタミナを要求されるのかもしれません。

京都競馬場の各コースの特徴を知る!

京都競馬場の芝コース

各競馬場 芝1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400m(内回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1400m(外回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600m(内回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1600m(外回り)のコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝2400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3000mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 芝3200mのコース特徴へのリンク画像

京都競馬場のダートコース

各競馬場 ダート1200mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1400mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1800mのコース特徴へのリンク画像
各競馬場 ダート1900mのコース特徴へのリンク画像

【全10競馬場の特徴一覧】

東京競馬場の特徴記事への導線画像
中山競馬場の特徴記事への導線画像
京都競馬場の特徴記事への導線画像
阪神競馬場の特徴記事への導線画像
中京競馬場の特徴記事への導線画像
新潟競馬場の特徴記事への導線画像
福島競馬場の特徴記事への導線画像
札幌競馬場の特徴記事への導線画像
函館競馬場の特徴記事への導線画像
小倉競馬場の特徴記事への導線画像
よかったらブックマーク&シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる